沖縄戦跡国定公園(おきなわせんせきこくていこうえん)

沖縄戦跡国定公園(おきなわせんせきこくていこうえん)は、沖縄県沖縄本島南端部、糸満市島尻郡八重瀬町にまたがる、第二次世界大戦沖縄戦)の戦跡と自然景観を有する国定公園である。

Okinawa Heiwakinen Memorial Park01n3104.jpg

沖縄平和祈念公園沖縄県糸満市と八重瀬町

  • 広告

概要

沖縄戦跡国定公園の指定区域の面積は5,059ha(陸域3,127ha、海域1,932ha)。戦跡としては唯一の国定公園である。

1960年代にアメリカ統治下の沖縄への渡航が容易となったことから、折からの観光ブームのひとつとして日本本土から多数の慰霊団が訪れるようになり、モニュメントの建設を求める声が上がるようになった。1961年11月に日本国和歌山県が「紀乃國之塔」を建設したことを皮切りとして、沖縄本島南部に日本本土の府県が競い合うように慰霊塔を建てる慰霊塔ブームとも呼べる現象が起きた。1965年昭和40年)、琉球政府立公園に指定され、1972年(昭和47年)の沖縄返還に伴い、国定公園に指定された。

公園内の戦跡は沖縄戦最大の激戦地であり、終焉地である。1945年(昭和20年)5月、アメリカ軍の攻撃により、首里那覇市)にあった日本軍司令部は、この沖縄本島南端部(島尻)に撤退した。狭い島尻には、南下侵攻するアメリカ軍、避難してきた一般住民と撤退・抗戦する日本軍の軍人が混在し、パニック状態に陥った。結果、狭隘な地形に敵味方が入り乱れる大混戦となり、6月18日にはアメリカ軍沖縄方面最高司令官サイモン・B・バックナー中将も戦線視察中の真栄里で日本軍の砲撃を受けて致命傷を負い、戦死している。日本軍による組織的抵抗は、6月23日に司令官・牛島満中将が摩文仁の司令部壕で自決したことにより終了したが、アメリカ軍は翌7月初めまで掃討戦を続けた。

沖縄県は日本軍の組織的抵抗が終了した6月23日を「慰霊の日」としている。例年この日には、摩文仁の平和祈念公園で、県主催の沖縄全戦没者追悼式が行われる。

平和の礎

公園内の慰霊施設等

沖縄戦跡国定公園には、多くの慰霊施設・慰霊碑慰霊塔がある。慰霊碑・慰霊塔の数は、主要なものだけでも100余にのぼる。

沖縄平和祈念公園

国定公園内の東部、糸満市摩文仁(まぶに)地区に所在。付近一帯は摩文仁の丘とも呼ばれる。園内には、国立沖縄戦没者墓苑・平和の礎(いしじ)・黎明之塔、日本各県出身地別の慰霊・平和祈念施設、式典会場や駐車場などの付属施設もある。公園に隣接して沖縄平和祈念資料館・沖縄平和祈念堂がある。

2020年東京オリンピックの聖火リレーで沖縄平和祈念堂前がセレブレーション会場となった、 聖火ランナーは公募により1万人程度が選ばれた、聖火リレーについて、 組織委員会は スポンサー企業4社と各都道府県実行委員会が行ったランナー公募に延べ 53万5717件の応募があったと発表した 。

平和の礎

糸満市米須霊域

糸満市米須霊域は、平和祈念公園から2.5kmほど南西の糸満市米須(こめす)にある霊域である。域内には、各都道県の慰霊碑や、有川中将以下将兵自決の壕・慰霊塔などがある。また、中心にある「魂魄の塔」(こんぱくのとう)は、沖縄戦に関連して沖縄各地に存在する慰霊塔のうち最古のものとされている。霊域西側には、1993年(平成5年)の第44回全国植樹祭の会場となった沖縄県平和創造の森公園が広がる。

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔は、糸満市米須霊域の北、糸満市米須に建つ。沖縄戦で亡くなった沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校の職員・生徒、計219人が合祀される慰霊塔である。沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校の職員・生徒で編成されたひめゆり学徒隊は、主に沖縄陸軍病院の看護要員として動員された。

  • 広告

平和の礎

平和の広場

平和の丘

沖縄平和祈念堂

沖縄平和祈念像

アクセス

路線バス詳細は「沖縄本島のバス路線」を参照

  • 平和祈念堂入口バス停82番(玉泉洞糸満線) 琉球バス交通 ※平日、土曜、休日とも1時間に1本程度の運行。
指定区域 沖縄県糸満市、島尻郡八重瀬町
北緯26度05分42.7秒 東経127度43分30.1秒座標
分類国定公園
面積5,059ha
(陸域:3,127ha、海域:1,932ha)
前身沖縄戦跡政府立公園
指定日1972年5月15日
運営者沖縄県

コメント