福岡城(ふくおかじょう)は、筑前国那珂郡警固村福崎のち福岡に築かれた江戸時代の日本の城

  • 広告

福岡城(ふくおかじょう)は、筑前国那珂郡警固村福崎のち福岡(現在の福岡県福岡市中央区)に築かれた江戸時代日本の城。別名、舞鶴城、石城。国の史跡に指定されている。現在、城跡は舞鶴公園大濠公園となっている。

ソース画像を表示

歴史・沿革

安土桃山時代・江戸時代

1600年(慶長5年) – 黒田孝高・長政父子は関ヶ原の戦いの功績により豊前国中津16万石から、筑前一国52万3千石で筑前名島に入封した。筑前の旧領主小早川秀秋の居城であった名島城に入城した。便宜上から名島城を廃し、福崎丘陵を新城地に選定した。1601年(慶長6年)には築城が開始され、7年後の1607年(慶長12年)に竣工した。

江戸期には歴代の藩主により二の丸御殿や西の丸御殿の増築など数度の改修が行われたが、特に幕末嘉永万延年間に、11代藩主、黒田長溥により大改修が行われた。

ソース画像を表示

構造

梯郭式の平山城で、本丸の南西に南丸(南二の丸)、北東隅に同じような規模で東二の丸、この2つを結ぶようにして囲む二の丸、二の丸の西から北東に三の丸が囲む配置であった。建物は47基の櫓や10棟の城門を配し、縄張りの範囲は約24万平方メートルにおよぶ。東側に那珂川をもって堀とし高石垣を南北に長く築き、また西側は干潟の「草ヶ江」を大きな池沼堀として活用した。城下町は城の北側(博多湾側)に東西に長く開かれた。

福岡市は2013年(平成25年)、舞鶴公園と大濠公園の周辺をセントラルパークのように大規模な公園とする『福岡セントラルパーク構想』を発表した。本丸・二の丸・三の丸は20年から30年の長期計画で城跡の復元整備を行っていく予定としている。

本丸

本丸にあった建造物の中で資料が多く残されている本丸表御門・太鼓櫓・武具櫓・本丸裏御門・本丸御殿について福岡市は「調査検討を行った上で、復元整備対象とする」とし、特に本丸表御門と太鼓櫓については「復元の可能性が高い」としている。

ソース画像を表示

二の丸

二の丸にあった建造物の中で、資料が多く残されている東御門・革櫓・大組櫓・鉄物櫓・炭櫓・松木坂御門・向櫓について福岡市は「調査検討を行った上で、復元整備対象とする」としている。 枡形の平面形状であった松木坂御門周辺の石垣や、戦後の造成によりほとんどが失われた二の丸御殿南側の石垣についても復元が検討されている。

  • 広告
ソース画像を表示

三の丸

三ノ丸は、北側を土塁と堀で囲まれ、御下屋敷と有力家臣の屋敷が立ち並んでいた。北東に上之橋御門、北西に下之橋御門、南西搦手側に追廻橋門が設けられ、下之橋御門の南側には、黒田孝高の隠居所である御鷹屋敷があった。

1671年(寛文11年)に御下屋敷が北側に移転し、以降藩主の館および藩政の中心となった。寛文期の御下屋敷は1763年(宝暦13年)に焼失し、翌年規模を縮小し再建された。1769年(明和6年)には7代藩主治之を江戸から迎えるために建て替えられた。御下屋敷は福岡県庁として使用されたが、1876年(明治9 年)に県庁の天神町への移転に伴い解体された。

以降は陸軍の軍用地となった。第二次世界大戦後は平和台球場平和台陸上競技場など多くの公共施設が建設されたほか、一部は城内住宅と呼ばれる宅地となった。平成以降、城跡として整備が進められ、戦後建てられた各種施設の移転が進められている。

江戸期の遺構として堀・土塁・上之橋御門の枡形・下之橋御門が残るほか、城下から旧母里太兵衛邸長屋門と名島門が移築されている。

三の丸にあった建造物の中で、資料が多く残されている上之橋御門・潮見櫓・花見櫓・御下屋敷について福岡市は「調査検討を行った上で、復元整備対象とする」とし、特に上之橋御門・潮見櫓・花見櫓については「復元の可能性が高い」としている。また重臣屋敷跡についても、舗装等により地割を表現する整備を行うとしている。

2014年(平成26年)、旧舞鶴中学校の建物を利用して、公園計画を展示する施設「福岡城・鴻臚館案内処・三の丸スクエア」が開館した。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

CG再現による福岡城と天守閣  (福岡城むかし探訪館)

天守閣はあったのかどうか分からない。 加えて設計図も見つかってないので、再興は出来ない、との一部の声を聞きます。  しかし、市が描くセントラルパーク構想には、史跡としての天守閣ではなく、市民のシンボルとしての天守閣は必要です。

  • 広告 Jobマ!

コメント