四天王寺(してんのうじ)は、大阪市天王寺区四天王寺にある和宗の総本山の寺院

四天王寺(してんのうじ)は、大阪市天王寺区四天王寺にある和宗の総本山の寺院聖徳太子建立七大寺の一つとされている。山号は荒陵山(あらはかさん)、本尊救世観音(ぐぜかんのん)である。

日本書紀』によれば推古天皇元年(593年)に造立が開始されたという。当寺周辺の区名、駅名などに使われている「天王寺」は四天王寺の略称である。また、荒陵寺(あらはかでら)・難波大寺(なにわだいじ)・御津寺(みとでら)・堀江寺(ほりえでら)などの別称が伝えられている。

宗派は天台宗に属していた時期もあったが、元来は特定宗派に偏しない八宗兼学の寺であった。日本仏教の祖とされる「聖徳太子建立の寺」であり、既存の仏教の諸宗派にはこだわらない全仏教的な立場から、1946年昭和21年)に「和宗」の総本山として独立している。

Shitennoji06s3200.jpg

歴史

『日本書紀』に見る創建の経緯

四天王寺は蘇我馬子の法興寺(飛鳥寺)と並び、日本における本格的な仏教寺院としては最古のものである。四天王寺の草創については『日本書紀』に次のように記されている。

用明天皇2年(587年)、かねてより対立していた崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏の間に武力闘争が発生した。蘇我軍は物部氏の本拠地であった河内国渋河(現・大阪府東大阪市布施)へ攻め込んだが、敵の物部守屋は稲城(いなき、稲を積んだ砦)を築き、自らは朴(えのき)の上から矢を放って防戦するので、蘇我軍は三たび退却した。聖徳太子こと厩戸皇子(当時14歳)は蘇我氏の軍の後方にいたが、この戦況を見て、白膠木(ぬるで)という木を伐って、四天王の像を作り、「もしこの戦に勝利したなら、必ずや四天王を安置する寺塔(てら)を建てる」という誓願をした。その甲斐あって、味方の矢が敵の物部守屋に命中し、彼は「えのき」の木から落ち、戦いは崇仏派の蘇我氏の勝利に終わった。その6年後、推古天皇元年(593年)、聖徳太子は摂津難波の荒陵(あらはか)で四天王寺の建立に取りかかった。寺の基盤を支えるためには、物部氏から没収した奴婢と土地が用いられたという(なお、蘇我馬子の法興寺は上記の戦いの翌年から造営が始まっており、四天王寺の造営開始はそれから数年後であった)。

以上が『書紀』の記載のあらましである。聖徳太子の草創を伝える寺は近畿地方一円に多数あるが、実際に太子が創建に関わったと考えられるのは四天王寺と法隆寺のみで、その他は「太子ゆかりの寺」とするのが妥当である。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

文化財

国宝

  • 紙本著色扇面法華経冊子5帖(98葉)(絵画) – 扇形の紙で製本した冊子に極彩色の下絵を描き、金銀の切り箔で飾った上に法華経を書写したもの。平安時代の絵画、書跡資料として貴重なもの。
  • 懸守 7懸(工芸品) – 懸守(かけまもり)とは、女性が首から掛けたアクセサリー。平安時代の作品。7点現存する。
  • 七星剣(工芸品) – 伝世上古刀の優品。東京国立博物館に寄託。
  • 丙子椒林剣(工芸品) – 七星剣と同じく伝世上古刀の優品。東京国立博物館に寄託。
  • 四天王寺縁起(根本本、後醍醐天皇宸翰本)(書跡・典籍) – 説明は本記事の「歴史」の項参照。
  • 金銅威奈大村骨蔵器(考古資料) – 明和年間(1764年 – 1772年)に大和国葛下郡より出土後、曲折を経て四天王寺の所蔵となる。京都国立博物館に寄託。
ソース画像を表示
ソース画像を表示

重要文化財

建造物

  • 四天王寺鳥居(附 左右玉垣)(建造物) – 永仁2年(1294年)建立、扁額に嘉暦元年(1326年)の銘。
  • 四天王寺 6棟(建造物)
    • 本坊西通用門
    • 本坊方丈(湯屋方丈)
    • 五智光院
    • 六時堂
    • 元三大師堂
    • 石舞台

※他に旧国宝建造物の(旧)東大門があったが、第二次大戦時空襲で焼失している。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

交通

所在地大阪府大阪市天王寺区四天王寺1丁目11-18
位置北緯34度39分14.04秒
東経135度30分59.22秒
座標
山号荒陵山
宗派和宗
寺格総本山
本尊救世観音
創建年推古天皇元年(593年
(『日本書紀』による)
開基聖徳太子
別称金光明四天王大護国寺

コメント