岐阜城(ぎふじょう)は、美濃国井之口の山にあった城

岐阜城(ぎふじょう)は、美濃国井之口の山(稲葉山(現・岐阜県岐阜市金華山))にあった山城跡)。もとは稲葉山城と言い、鎌倉時代以来の歴史があり、本格的に整備されたのは戦国時代斎藤道三の時期だと考えられ、織田信長が1567年の稲葉山城の戦いにより斎藤龍興から奪取し、本拠地を小牧山から当城へと移し、その縄張りを破却して新たに造営したものが岐阜城である。『信長公記』に「尾張国小真木山より濃州稲葉山へ御越しなり。井口と申すを今度改めて、岐阜と名付けさせられ」と記載されており、ここから天下布武、天下統一をおこなうという意味をこめて、信長が山頂にある城や麓にある町などを「井口」から「岐阜」へと改名したことにより「岐阜城」と呼ばれることになった。

ソース画像を表示

構造

 山城。京都に対して東の要所に位置し、急峻な山容の金華山からして難攻不落の名城として知られているが、内部からの裏切り(竹中重治)や籠城時点で兵力が少なかった(賤ヶ岳、関ケ原の時)などの理由で歴史上5回の落城にあっている。

山頂部は痩せ尾根を切り開いたり石垣で郭を造成してはあるが、基本的に平坦面は少ない構造となっている。またチャートの堅い岩盤であるが故に井戸を掘っても水は出ず、雨水を貯める物となっている。狭い曲輪の上、水の確保が難しい為、籠城には不向きである。

織田信長時代には、山頂部には信長の家族や人質が暮らしていたことが、1569年(永禄12年)来岐した宣教師ルイス・フロイスの書簡から伺える。その構造は斎藤道三時代に遡るだろう。

岐阜城は小牧城安土城と同じく、城下町を見下ろす景観に優れる。道三時代までは戦国期の典型的な詰城であったが、信長入城からは戦いの為の城でなく、基本的に城主の居住空間であり、見せる城であったといわれている。

山麓に城主の居館があったとされる。現在の千畳敷を「信長居館跡」と呼んでいるが、信長は山頂に居住していた為、山麓の建物は政庁、もてなしの為のハレの間としての意味合いが強い。

京都へ進出する為に公家や商人をもてなすための迎賓館ともとれる豪華絢爛な建物があったとされ、巨石を用いた石垣や高石垣、多数の庭や池が発掘調査で発見されている。

こういった手法は、小牧山城からも見られるもので、防御面で劣る部分は自分の居城に敵を寄せ付けない戦法による所があると思われる。

ソース画像を表示

岐阜城に至る登山道

南側斜面を登る道

現在金華山ドライブウェイがあるが、所々に途切れた登山道があり、ドライブウェイ開発時に拡張され消滅した部分もあると思われる。七曲口(大手道)

  • 距離:約1900m。かかる時間:約60分。斎藤道三が造ったとされ、岐阜城の大手道として岐阜城へ用事がある際使われていた。信長や岐阜城に訪れたルイス・フロイスや山科言継が登った道でもある。大手道の総門は、常在寺の前にあった。ここから西へ伸びる道は「七曲道」と言われ、昔からある道路で現在は拡張されている。常在寺の向かいにある妙照寺は竹中半兵衛屋敷跡で、山寄りの門は岐阜城の移築現存門である。
  • 砦の跡が多く見られ、大堀切や、岩場を削った跡や道の端に積み石も残っている。また、現在石段がある直線的な現登山道から外れ、旧登山道も所々つづら折れに残っていて、当時の登山道の雰囲気を感じる事が出来る。また、道三が造った大堀切からドライブコースへ出ると小さな広場があるが、そこから岩戸公園へ出られる登山道がある。この平場も砦や門などがあって兵士の詰め所もあったかもしれない。
  • 道三の時代から今に至るまで岐阜城への登山道の中で最もなだらかな登山道であるが、山科言継の『言継卿記』には、「信長の許可をうけ、武井夕庵の案内で七曲道から登城した。山上の城中で音曲・囃子などの後、信長のもてなしで食事をご馳走になった。その後、城内を信長の案内で見物したが、道があまりにも険しく大変であったので、風景どころではなかった。」と記されている。
  • 稲葉山城の戦いでは、西美濃三人衆が攻め上がり、岐阜城の戦いでは、総門口を津田藤三郎、七曲口を木造具康父子が守り、福島正則が攻め上がった。
  • 城郭部分では、硝煙庫(現、リス村)の東脇に出る。
  • 道三が作った堀切も近代に入って発破で拡張されたようである。更にこの堀切から下は近代に入って付け替えられている為、昔の面影は少ない。登山道口も、昔の正確な位置は分からない。
ソース画像を表示

西側斜面を登る道

百曲口

  • 距離:約1100m。かかる時間:約40分。斎藤道三が造ったとされ、禅林寺から尾根を登っていく。道は険しい。稲葉山城の戦いでは、木下藤吉郎が攻め上がり、岐阜城の戦いでは、百々綱家が守った。登山口から名和昆虫館の南を通って西に抜けていく道は「百曲道」と言われ、昔からの道筋である。
  • 城郭部分では硝煙庫(現、リス村)の西側、七間櫓(現、展望レストラン)の下、ロープウェイ山頂駅の側に出る。

馬の背口

  • 距離:約1100m。かかる時間:約40分。水の手道(瞑想の小径)の丸山山頂から分岐する。岩場を頂上に向かって直登する最短ルート。途中四つん這いになって登らなくてはならないところがあり、下りは危険を伴う。登頂間近の所で石垣の遺構を見る事が出来る。
  • 急斜面である事と多数の登山者の通行により土が柔らかくなった為、雨で流されて木の根が剥き出しになってしまった箇所がいくつもある。
  • 城郭部分では上台所の側に出る。
  • 城郭時代では、登山道としての認識されておらず、近道のような認識だったようである。
ソース画像を表示

北側斜面を登る道

水の手口(瞑想の小径)

  • 距離:約2300m。かかる時間:約70分。北西の尾根を登るルートであり、大手道に対して裏側の道であり、搦め手である。いくつかの水の流れる沢を横切るので、水の手道という。途中、丸山山頂から馬の背登山道が分岐する。後半に岩場の急斜面が続くが、七曲り道の次に歩きやすく、岐阜市の北部と長良川の景観が楽しめる。元々の登り口は丸山北側の御手洗池付近と思われる。
  • 岐阜城の戦いでは、守備側の武藤助十郎に対し、東軍の元岐阜城城主、池田輝政が攻め上り一番旗をあげた。
  • 城郭部分では本丸の東に出る。途中鼻高登山道が合流する。
  • 合流地点の北東に石垣が残る。この合流点に、かつて裏門があった。
  • 裏門があったとされる場所で、登山道の脇を固める石垣の巨石の一部が発見された。また鼻高道側で道三時代の古い石垣も発見され、再利用されていたものと思われる。

鼻高登山道

  • 距離:約1500m。かかる時間:約40分。北東の尾根を登るルートであり、途中には岐阜城構築と関係のある砦の石垣が2ヶ所確認出来る。眺望は非常に良く、岐阜市北部の山々や市街地、長良川の景観が楽しめる。元々は長良川から登るルートであり斎藤龍興は、このルートから伊勢長島に逃れた可能性が高い。道は比較的険しい。現在、長良川河畔からの登り口は閉鎖されている。
  • 山頂近くで水の手口に繋がる。その合流点は平場となっており、かつて裏門があったようである。
  • 道三時代の石垣が発見される。水の手道側では、裏門の巨石の石垣の一部が発見されている。
ソース画像を表示

東側斜面を登る道

東坂登山道

  • 距離:約1100m。かかる時間:約45分。岩戸公園から妙見峠を経て南の尾根を登るルート。地道あり、岩場あり、高原地帯と変化に富み、岐阜市の南部と各務原に向けての景観が楽しめる。妙見峠では達目登山道と合流する。
  • 妙見峠では、当時の石垣遺構の物と思われる石(裏込め石?)が多数散布する。
  • 城郭部分では、二の丸の下に出る。

岐阜城からの眺望

標高およそ320 mに建つ岐阜城の最上階(4階)の外側通路は展望台となっていて、眼下に長良川と周辺の市内の街並み、東側には木曽駒ヶ岳恵那山などの木曽山脈(中央アルプス)、北東側に笠ヶ岳槍ヶ岳穂高岳乗鞍岳などの飛騨山脈(北アルプス)と御嶽山、西側には伊吹山養老山地鈴鹿山脈、南側には濃尾平野伊勢湾が望める。

ソース画像を表示

現地案内

所在地

  • 岐阜県岐阜市天主閣18

交通アクセス

JR東海道本線岐阜駅」11番、12番、13番乗り場および名鉄名古屋本線名鉄岐阜駅」4番乗り場から岐阜バス行先番号「N32」〜「N86」の「岐阜公園・長良橋・高富方面」行き、または「市内ループ線(左回り)」で約15分。「岐阜公園・歴史博物館前」下車、徒歩約3分で金華山ロープウェー「金華山麓駅」、金華山麓駅からロープウェーで「金華山頂駅」まで約3分、金華山頂駅から天守まで徒歩約8分。

イベント

コメント