2021年6月10日 | 日本の歴史と美景

2021-06-10

岐阜県の美景

岐阜城(ぎふじょう)は、美濃国井之口の山にあった城

『信長公記』に「尾張国小真木山より濃州稲葉山へ御越しなり。井口と申すを今度改めて、岐阜と名付けさせられ」と記載されており、ここから天下布武、天下統一をおこなうという意味をこめて、信長が山頂にある城や麓にある町などを「井口」から「岐阜」へと改名したことにより「岐阜城」と呼ばれることになった。