大涌谷は、神奈川県箱根町にある箱根火山の火山性地すべりによる崩壊地形 | 狭き日本の美景を見る。

大涌谷(おおわくだに)は、神奈川県箱根町にある箱根火山の火山性地すべりによる崩壊地形

大涌谷(おおわくだに)は、神奈川県箱根町にある箱根火山の火山性地すべりによる崩壊地形。箱根火山の中央火口丘である冠ヶ岳の標高800mから1000mの北側斜面にあり、地熱地帯で活発な噴気地帯でもある。箱根火山に多数有る噴気地帯の中では最大規模のものである。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
スポンサーリンク

火山活動史

形成過程

大涌谷は二回の過程を経て形成された。約3100年前、箱根火山水蒸気爆発による山崩れが発生し、堆積物が溜まった。さらに約2900年前に小規模な火砕流が発生、冠ヶ岳ができ、また火山砕屑物が積もった。この火山砕屑物と山崩れによる堆積物の間が現在の大涌谷となっている。

大涌谷から強羅付近にかけての地下には、噴火によって生じたじょうご型カルデラの直径3km程度の陥没構造が複数あるとされ、この地域の研究を行った萬年一剛は強羅潜在カルデラ構造と呼称している。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

観光

江戸時代に「地獄谷」や「大地獄」と呼ばれていた大涌谷だが、明治天皇・皇后の行幸啓に際し、1876年(明治9年)9月5日に改称された。

かつては噴気孔を自由に観察することができたが、1970年4月27日修学旅行で噴気孔の見学に訪れていた児童の列に落石が襲い、1人が死亡する事故が発生した。

1983年(昭和58年)、箱根ロープウェイを利用し容易に訪れる事が出来る、富士箱根伊豆国立公園「大涌谷園地」として整備され、観光用に噴煙や硫黄を見ることが可能となった。ただし、硫黄の採取は原則禁止され、火山ガス(亜硫酸ガス硫化水素ガスなど)が噴出しているため健康上の注意が必要とされている。

一方、地熱を利用してできたゆで卵が販売されている。このゆで卵は、当地の温泉に含まれる硫黄と鉄分が結びつき黒い硫化鉄となり卵の殻に付着して、殻を黒く変色させることから黒玉子と呼ばれる。黒玉子は1個食べると7年寿命が延びるというふれこみで、軽食土産として人気が出た。

2014年(平成26年)4月17日に開設された箱根ジオミュージアムでは、箱根火山の成り立ちを知ることが出来るほか噴気地帯特有の地衣類であるイオウゴケなどを観察できた。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

噴気地帯

放出熱量は、8.76 * 106cal/秒で、箱根火山全体の26.3%を占めるとの報告がある。また、豊富な自然噴気のほか30本余りの掘削井戸からの熱噴気と地下水を混合して温泉が造成されている。

掘削

温泉造成にも流用されるが、噴気を減少させる目的で人工的な噴出口の掘削が行われる事がある。例えば1954年(昭和29年)には、1910年の地すべりの原因となった付近と想定される付近の火山ガス圧低下を目的とし、約100本の掘削が行われた。かつては100℃以上の過熱水蒸気が噴出していたが、人工的な噴出口の掘削により消失したと考えられる。なお、ボーリング掘削孔は閉塞しやすく追加掘削も行われる。

噴気ガス

1960年代に地質調査所(現在の地質調査総合センター)により複数地点を対象として行われた調査結果によれば、噴出温度は 95℃から143℃、成分の約98%は水 (H2O) で、他に硫化水素(H2S)、二酸化炭素(CO2)、亜硫酸ガス(SO2)の他微量の単体ガス成分として水素 (H2)、窒素 (N2)、ヘリウム (He)などが含まれる。またガスを凝縮した水分は、pH1 – 4 と強い酸性を示し、硫黄イオン、塩素イオン、鉄イオン、カルシウムイオンなどを含んでいる。

2013年には箱根火山で群発地震が発生したが、この一連の地震に伴い従来の噴気域と異なる場所で新たな噴気が生じたほか、ガス成分の変化が観測されている。この新たな噴気域の拡大に伴い地熱の上昇と樹木の枯死も報告されている。

ソース画像を表示

アクセス

コメント