安家洞(あっかどう)は、日本の岩手県下閉伊郡岩泉町にある鍾乳洞

安家洞(あっかどう)は、日本岩手県下閉伊郡岩泉町にある鍾乳洞であり、日本一長い洞窟(総延長約23,702m文部科学省によって国の天然記念物に指定されており、自然景勝地でもある。2013年9月に日本ジオパークに認定された三陸ジオパークのジオサイトのひとつ。

安家洞入口

特徴

入り口は1つだけ、途中で一旦東西に分岐する主洞の長さは約2,300m、さらに山内新洞・高月新洞・砂山連洞・瞬華洞などの無数の支洞が延びている。古くは地元の子供達の遊び場であったが、特定非営利活動法人日本洞穴探検協会等による探検が進むにつれて巨大な鍾乳洞であることが判明した。近年も巨大フローストーンen)や地底湖、日本最大のシールド群が発見されている。夏は周辺でホタルが棲息し観察会などが行われている。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

洞内の主な自然構築物

  • 迷宮
  • 大曲
  • 神殿
  • 満天星
  • 万年柱
  • 一角サイ
  • パゴタ
  • ペンギン岩
  • ロケット岩
  • 千枚皿
ソース画像を表示
ソース画像を表示

一般公開

毎年4月中旬から11月末日までの期間は、午前8時30分から午後4時30分までの時間、入り口から700m地点の千枚皿までの範囲が一般に公開されている。洞内は平均気温が8と寒く、天井が低い場所もあるため、入り口で上着とヘルメットが貸し出される。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

所在地

洞口位置 :岩手県下閉伊郡岩泉町大字安家字日蔭161番地1

アクセス

コメント