2021年5月 | 狭き日本の美景を見る。

2021-05

安家洞(あっかどう)

安家洞(あっかどう)は、日本の岩手県下閉伊郡岩泉町にある鍾乳洞

安家洞(あっかどう)は、日本の岩手県下閉伊郡岩泉町にある鍾乳洞であり、日本一長い洞窟(総延長約23,702m。文部科学省によって国の天然記念物に指定されており、自然景勝地でもある。2013年9月に日本ジオパークに認定された三陸ジオパークのジオサイトのひとつ。
武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)

武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)は秋田県仙北市角館町の道路

武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)は秋田県仙北市角館町の道路であり、古城山(かつて角館城があった地である)山麓の国道46号から南へ伸びて、かつての侍町である角館の内町を貫く南北方向の通りである。1977年(昭和52年)6月15日秋田魁新報社の新観光秋田三十景の16位に選出されている。
仏ヶ浦(ほとけがうら)

仏ヶ浦(ほとけがうら)は、青森県下北半島西岸の下北郡佐井村南部に所在する景勝地

仏ヶ浦(ほとけがうら)は、青森県下北半島西岸の下北郡佐井村南部に所在する景勝地。古くは仏宇陀(ほとけうた、ほとけうだ)と称した。1989年(平成元年)日本の秘境100選、2007年(平成19年)日本の地質百選に選定された。
タウシュベツ川橋梁

タウシュベツ川橋梁は、旧国鉄士幌線(廃線)のコンクリート製アーチ橋

よく晴れた風のない日に、湖面に橋が映ると眼鏡のように見える。またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名を持つ。古代ローマの遺跡を思わせるその姿は、周辺の景色とも調和しているとされる。第1回北海道遺産に選定された「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の1つである。
スポンサーリンク