2021年4月7日 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

2021-04-07

中部エリア

白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、石川県輪島市白米町の棚田

白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、石川県輪島市白米町の棚田である。数が多いので千枚田と呼ばれるが、現地案内板には枚数1004枚と記載されている。また「狭い田」からの転という説もある。最も小さい田の面積は、0.2平方メートル程度。国の名勝に指定された。
2021.04.18
中部エリア

永保寺(えいほうじ)は、岐阜県多治見市虎渓山町にある臨済宗南禅寺派の寺院

永保寺は、岐阜県多治見市虎渓山町にある臨済宗南禅寺派の寺院。 永保寺の歴代は3世の果山正位以後、14世の雪庭永立(1554年没)までが塔頭の保寿院世代と同一であり、その後320年間にわたり塔頭寺院による輪番で護持されてきた。
2021.04.18
広島県の自然と歴史

向上寺(こうじょうじ)は、広島県尾道市にある曹洞宗の寺院

向上寺は、広島県尾道市にある曹洞宗の寺院。この寺は、1403年(応永10年)生口守平の開基、愚中周及の開山により臨済宗の寺院として創建されたのに始まり、向上庵と号した。1432年(永享4年)には生口氏所縁と推察される信元と信昌を造塔本願檀那として三重塔(国宝)が建立されている。
スポンサーリンク