2021年3月 | ページ 3 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

2021-03

富山県の自然と歴史

日本でもっとも堤高の高いダム・黒部ダム(くろべダム)

黒部ダムは、富山県東部の立山町を流れる黒部川水系の黒部川に建設された水力発電専用のダムである。1956年(昭和31年)着工、太田垣士郎指揮の下、171人の殉職者を出し7年の歳月をかけて、1961年1月に送電を開始し、1963年(昭和38年)に完成した。貯水量2億トン。
愛知県の自然と歴史

お菓子の城は、竹田本社(旧・竹田製菓)が運営する愛知県犬山市にある観光施設

城内では約200点におよぶシュガーアートの展示やクッキー作り体験、ドレスレンタル体験などができる。このほか、パーティーや結婚式の会場として利用できる。また、世界コスプレサミット2011・2012と同イベントのオフィシャルパートナーとなっており、世界コスプレ撮影会 in お菓子の城が開催されている。
三重県の自然と歴史

神社本庁の本宗(ほんそう。全ての神社の上に立つ神社)・伊勢神宮(いせじんぐう)

伊勢神宮は、三重県伊勢市にある神社。正式名称は地名を冠しない「神宮」(じんぐう)であり、他の神宮と区別するために伊勢神宮と通称される。「伊勢の神宮」、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう。全ての神社の上に立つ神社)である。
2021.03.28
滋賀県の自然と歴史

石山寺(いしやまでら)は、滋賀県大津市にある東寺真言宗の寺院

石山寺は、滋賀県大津市にある東寺真言宗の寺院。山号は石光山。本尊は如意輪観世音菩薩(如意輪観音)、開山は良弁。西国三十三所観音霊場第13番札所となっている。 2015年(平成27年)4月24日、「琵琶湖とその水辺景観- 祈りと暮らしの水遺産 」の構成文化財として日本遺産に認定される
京都府の自然と歴史

天橋立は京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる全長3.6キロメートルの湾口砂州

天橋立(あまのはしだて)は、京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる全長3.6キロメートルの湾口砂州。日本三景の一つであり、2013年の観光入込客数は178万1900人と京都市を除いた京都府内の観光地で第1位である。
大阪府の自然と歴史

大阪府の城・岸和田城(きしわだじょう)

岸和田城(きしわだじょう)は、大阪府岸和田市岸城町にあった日本の城である。別名千亀利城(ちきりじょう)。江戸時代には岸和田藩の藩庁が置かれた。本丸庭園は国の名勝、城跡は大阪府の史跡に指定されている。本丸および二の丸一帯の4.9haは千亀利公園として岸和田市が管理している。
奈良県の自然と歴史

奈良県の原始林・春日山原始林(かすがやまげんしりん)

春日山原始林(かすがやまげんしりん)は、奈良の景観保全上においても重要な役割を果たしており、ユネスコの世界文化遺産「古都奈良の文化財」の一要素となっている。 1998年(平成10年)12月には古都奈良の文化財の一部として世界遺産に登録された。
和歌山県の自然と歴史

和歌山県の史跡・和歌山城(わかやまじょう)

和歌山城は和歌山市の中心部に位置する標高48.9mの虎伏山(とらふすやま)山頂に建造され、北部を流れる紀の川を天然の堀とする。本丸の北側に二の丸が配され、その外に大きく三の丸が配された、梯郭式平山城である。
兵庫県の自然と歴史

兵庫県の自然・一乗寺(いちじょうじ)

一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある天台宗の寺院。山号は法華山、本尊は聖観音菩薩である。西国三十三所第26番札所。国宝の三重塔は平安時代後期を代表する和様建築の塔であり、国内屈指の古塔である。境内は、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られている
鳥取県の自然と歴史

鳥取砂丘(とっとりさきゅう)

鳥取砂丘(とっとりさきゅう)は、鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる広大な砂礫地で、代表的な海岸砂丘である。山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されており、南北2.4km, 東西16kmに広がる。観光可能な砂丘としては日本最大でる。
スポンサーリンク