2021年3月16日 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

2021-03-16

鳥取県の自然と歴史

大山(だいせん)は、日本の鳥取県にある標高1,729mの山

大山(だいせん)は、日本の鳥取県にある標高1,729mの山。成層火山であるが、活火山としては扱われていない。鳥取県および中国地方の最高峰でもある。 日本百名山や日本百景にも選定され、鳥取県のシンボルの一つとされている。
島根県の自然と歴史

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。上述の最盛期に日本は世界の銀の約3分の1を産出したとも推定されるが、当銀山産出の銀がそのかなりの部分を占めたとされる
スポンサーリンク