2021年3月2日 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

2021-03-02

埼玉県の自然と歴史

川越(かわごえ)は、城下町として栄え、古くから小江戸と称された

川越は、武蔵国入間郡の地名。中世には河越とも表記されたが、現在は埼玉県川越で統一されている。 城下町として栄え、古くから小江戸と称された。古くからの「川越」は現在の川越市の中心部にあたり、旧町字名では「大字川越」とも呼ばれた。また現在の川越市東部にも大字川越が存在する。
千葉県の自然と歴史

屏風ヶ浦(びょうぶがうら)は、千葉県銚子市から旭市までの太平洋海岸線に連なる海食崖の景勝地

屏風ヶ浦(びょうぶがうら)は、千葉県銚子市から旭市までの太平洋海岸線に連なる海食崖の景勝地である。国の名勝及び天然記念物に指定され、水郷筑波国定公園に属する。ドーバー海峡にあるホワイト・クリフに似ていることから東洋のドーバーとも称される。
スポンサーリンク