但馬御火浦は、伊笹岬から浜坂海岸東端の観音山の間の約8キロメートルの岩礁海岸 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

但馬御火浦は、兵庫県美方郡香美町と新温泉町にある、香住海岸西端の伊笹岬から浜坂海岸東端の観音山の間の約8キロメートルの岩礁海岸

スポンサーリンク

但馬御火浦(たじまみほのうら)は、兵庫県美方郡香美町新温泉町にある、香住海岸西端の伊笹岬から浜坂海岸東端の観音山の間の約8キロメートルの岩礁海岸御火浦という地名は、漁火に由来するとされる。

日本海の荒波により彫刻された断崖絶壁、海食洞柱状節理・岩脈、岩礁が連続する岩礁海岸と島々の景勝地で、中でも世界最大級の洞門「釣鐘洞門」は特に著名である。

1934年に国の名勝及び天然記念物に指定されている。

龍宮洞門

海岸線

(東:香住海岸

(西:浜坂海岸

田井の松島

下荒洞門

三尾大島の柱状節理

鬼門崎

所在地

兵庫県美方郡新温泉町および香美町

交通アクセス

  • 西海岸中心の遊覧 – JR浜坂駅から徒歩15分、浜坂港から徒歩すぐで遊覧船乗り場

隣接する海岸

コメント

タイトルとURLをコピーしました