吉野山は奈良県・吉野郡吉野町にある吉野川南岸から大峰山脈へと南北に続く約8キロメートルに及ぶ尾根続きの山稜の総称 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

吉野山(よしのやま)は奈良県の中央部・吉野郡吉野町にある吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈へと南北に続く約8キロメートルに及ぶ尾根続きの山稜の総称

スポンサーリンク

吉野山(よしのやま)は奈良県の中央部・吉野郡吉野町にある吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈へと南北に続く約8キロメートルに及ぶ尾根続きの山稜の総称、または金峯山寺を中心とした社寺が点在する地域の広域地名である。

古くから花の名所として知られており、その中でも特には有名で、かつては豊臣秀吉が花見に来た事がある(後述)。現代でも桜が咲く季節になると花見の観光客で賑わう。地域ごとに下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれている。

1924年大正13年)12月には国の名勝史跡に指定され、1936年昭和11年)2月 には吉野熊野国立公園に指定された。また2004年平成16年)7月には吉野山・高野山から熊野にかけての霊場と参詣道が『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコ世界遺産に登録された。1990年(平成2年)には日本さくら名所100選に選定された。

Cherry blossoms at Yoshinoyama 01.jpg

吉野山ヤマザクラ)の開花 , 画像中央やや上の大屋根は金峯山寺蔵王堂

桜花の吉野山

吉野山は平安時代頃から桜が植え続けられてきた。 特に桜が数多く集まる所があり、いずれも一目千本と呼ばれ山下の北から山上の南へと順に下千本・中千本・上千本・奥千本と呼ばれている。 植えられている桜の種類は、ほとんどが白山桜(シロヤマザクラ)であり、その数は約3万本にも及ぶという。 これらの桜は、4月初旬から末にかけて、山下の下千本から順に山上へと開花してゆく。この時期の吉野山は花見客で大変、賑わう。

  • 下千本 – 近鉄吉野駅から山上へ上がる七曲坂周辺にあたる。
  • 中千本 – 五郎兵衛茶屋から如意輪寺にかけての一帯。
  • 上千本 – 火の見櫓から花矢倉にかけての坂周辺にあたる。吉野水分神社も含むとする説と、吉野水分神社は奥千本とする説がある。
  • 奥千本 – 高城山付近・金峯神社付近と苔清水・西行庵付近。

かつては高城山から金峯神社にかけても数多くの桜樹があり名所であったというが、現在は自然災害や、戦前の一時期に杉桧への配置植林を行ったため、高城山や苔清水・西行庵付近に僅かに残る桜の林以外は、杉桧の林に変わっている。金峯神社参道の坂道の両側の桜は2010年頃にそれまでの木を伐採して植え替えられたもので、既に花を咲かせるようになっている。苔清水・西行庵付近が従来奥千本で最も大規模なの桜の林であったが、それでも桜の木は100本以下であった。周辺は杉林であったが2015年頃から伐採して、代わりに桜が1000本植えられたため、将来は名実ともに奥千本となる。

開花時期の景観。山上から金峯山寺方面

  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

歴史に登場する吉野山

  • 672年、大海人皇子(のちの天武天皇)は、当時の大津の都を離れて出家して吉野山に隠棲したが、兄の天智天皇の死の知らせを受けて美濃へ脱出し兵を上げ、天智天皇の子の大友皇子を倒して政権を握った。→壬申の乱

このとき大海人皇子が吉野について詠んだ歌。「よきひとのよしとよくみて、よしといひし、よしのよくみよ、よきひとよくみつ」(『万葉集』)は有名。

のちに東花坊(蕉門十哲の一人、各務支考)が南朝の悲しい歴史に思いを寄せて「歌書よりも軍書に悲し吉野山」と詠んだ。

  • 1594年文禄3年)、太閤秀吉が吉野山で花見を行った。この時の一行は5千名ほどであったという。太閤が花見を行った場所として太閤の花見塚が残っている。
ソース画像を表示
ソース画像を表示

名所・旧跡

長峰

下千本

  • 昭憲皇太后立碑 – 下千本駐車場あたり。下千本が一望出来る。
  • 七曲り坂

中千本

  • 黒門 – 金峯山寺の総門。明治以前は大名といえども、馬を下りなければならなかったと伝えられる。
  • 弘願寺
  • 銅の鳥居 – 重要文化財
  • 藤尾坂 – 義経と別れた静御前が吉野衆徒に捕らえられたと伝えられる
  • 金峯山寺 – 世界遺産
    • 仁王門 – 国宝
    • 蔵王堂 – 国宝
    • 二天門跡
  • 脳天大神龍王院(吉野脳天神社) – 金峯山寺の西側の谷の底にあり、金峯山寺からは石階段で下りることが出来る。
  • 妙法殿 – 吉野朝宮
  • 東南院
  • 吉水神社 – 世界遺産
  • 大日寺
  • 勝手神社
  • 喜蔵院
  • 桜本坊
  • 竹林院
  • 五郎兵衛茶屋
  • 桜展示園
  • 如意輪寺
  • 後醍醐天皇陵 – 如意輪寺内
  • 太閤花見塚

上千本

ソース画像を表示
ソース画像を表示
ソース画像を表示

奥千本

  • 高城山・牛頭天王社跡 – 高城山には展望台が設けられている。
  • 金峯神社・義経隠塔
  • 西行庵
  • 苔清水
  • 愛染宝塔跡・女人結界跡

交通アクセス

公共交通機関

  • 近鉄吉野線の終点駅吉野駅下車。
    • 山上へは吉野駅近くにある吉野ロープウェイ(千本口-吉野山:吉野大峯ケーブル自動車が運行)を利用するか、徒歩で七曲がりと呼ばれる坂道を上がる。
    • 近鉄吉野駅からロープウェイ吉野山駅へは徒歩で約30分。
    • ロープウェイ吉野山駅から金峯山寺・蔵王堂へは徒歩約10分。(途中にある黒門・銅の鳥居付近は急な坂道である)
    • または吉野大峰ケーブル自動車の奥千本まで走るバスと、吉野山を巡回しているコミュニティバスが、桜のシーズン以外に運行されている。
    • 桜のシーズン中には奈良交通の臨時バスが吉野駅から中千本公園口まで運行される。

自動車

吉野山の道路は狭く急な坂道が多く、また山上には駐車できるスペースが少ない。そのため下千本地域の「吉野山観光駐車場」(約400台)または中千本地域の「如意輪寺駐車場」(約300台、未舗装)から徒歩の方が都合が良い場合もある。この2つの駐車場は桜のシーズン以外は無料。その他の中心部の民営駐車場はほとんどが通年有料。下千本駐車場から金峯山寺・蔵王堂へは徒歩約15分如意輪寺駐車場から金峯山寺・蔵王堂へは徒歩約30分

  • 吉野山へは…国道169号線から、吉野川に架かる吉野大橋を渡り南詰の信号のある交差点を直進、大きく左にカーブして、吉野警察署の前を通り過ぎ、しばらく行くと丁字路に突き当たる。この丁字路を右折すると坂道と急なカーブが続き吉野神宮の前に出る。さらに進むと下千本駐車場が見えてくる。また丁字路を左折しすぐに右折(実質的には直進)し近鉄吉野線の踏切を渡って、すぐの交差点を右折すると吉野駅を経て如意輪寺駐車場へと至る(観光車道と呼ばれている道)。丁字路・踏切付近には桜のシーズン中の日中には誘導員が立っている。踏切は近年改良工事がなされ通りやすくなった。
所在地 日本奈良県吉野郡吉野町
山系紀伊山地大峰山脈

コメント

タイトルとURLをコピーしました