後楽園は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園) | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

後楽園(こうらくえん)は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園)

スポンサーリンク

後楽園(こうらくえん)は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園大名庭園)で、日本三名園のひとつである。

江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。

後楽園から岡山城を望む

概要

後楽園は岡山藩主・池田綱政が岡山郡代官津田永忠に命じて造らせたもので、1687年(貞享4年)に着工し14年の歳月をかけ1700年元禄13年)に完成した。岡山市内を流れる旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置する。主が賓客をもてなした建物・延養亭(えんようてい)を中心とした池泉回遊式の庭園で岡山城や周辺の山を借景としている。江戸時代には延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいた。1871年明治4年)、園内を一般開放するにあたって、これを後楽園と改めた。

同園は岡山県が所有管理するが、管理業務については県の外郭団体である公益財団法人岡山県郷土文化財団が県からの受託業務として行っている。面積は13.3ha。

町丁名の「後楽園」は本園が所在する中州のみを町域としている。郵便番号は703-8257(岡山東郵便局管区)

唯心山から沢の池を望む

  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

歴史

築庭の経緯

現在、後楽園から旭川を隔てて南にある岡山城は1597年慶長2年)、豊臣家五大老の一人で、時の岡山藩主であった宇喜多秀家が旭川の流域にあった「岡山」という小高い山を利用して築城したものである。この時、旭川を城および城下町の防御を固めるための堀の代わりとして用いるために、旭川の流路を岡山城の手前で大きく東方へ曲げて城の北東面に沿わせ、さらに南流するように変えたのである。これにより、城と城下町の防御は強固なものとなったが、あまりに不自然な流路となったため、以後、岡山城下はたびたび洪水に悩まされることになる。

藩主の座は宇喜多氏の後、小早川氏から池田氏へと移り変わり、4代目の池田綱政の治世となる。

池田綱政は父・光政に見出されていた津田永忠を登用し、度重なる洪水の被害に疲弊していた岡山藩の財政再建のために新田開発はもとより、放水路・百間川の開削などの抜本的な洪水対策を行い、藩の財政を再建させた。1686年貞享3年)ごろに百間川が完成し、藩の財政にも余裕が生じてきたため、綱政は永忠に命じて城北側の旭川沿い低湿地および宇喜多秀家によって集められた小姓たちが居住していた「小姓町」に自らの休息のための庭園を造るよう命じた。岡山藩士・斎藤一興の『池田家履歴略記』には「曹源公(=綱政)御遊休の園をひらかれんため簸川(ひのかわ、=京橋川)の東、御野郡・上道郡の内にて、御野郡は浜村の内上道郡は国富村の内、城北にあたって其の地を卜せられ、津田重次郎(=永忠)諸事奉行し……」とある。

池田家史料によると、1687年(貞享4年)12月に着工し(鍬始め)、翌1688年元禄元年)には本格的な土木工事にとりかかり、次々と園内の建造物や植栽が完成していった。藩主・綱政は岡山在城中に足しげく庭園に通い、工事開始4年後の1691年(元禄4年)には、完成したばかりの延養亭で綱政が永忠ら工事に携わっている家臣の労をねぎらって園内で宴を催していることからも、この時点で綱政が満足できる出来栄えになっていたとみられる。途中、洪水の被害を受けて施設の建て替え等を余儀なくされたが、その後も庭園の拡張や新たな施設の建築が行われ、1700年(元禄13年)に一応の完成をみる。

なお、庭園は工事が始まった当初は「御菜園」、「御菜園塚」などと呼ばれていたが、1695年(元禄8年)頃には城の背後にあることから「御後園」または「後園」と呼ばれるようになった。

正門

曲水

園内で飼育されているタンチョウヅル

慈眼堂

御野島と釣殿

栄唱橋

平四郎の松

花交の池

延養亭の軒先に咲くサツキ

交通アクセス

コメント

タイトルとURLをコピーしました