龍河洞は、四国中部(高知県東部の香美市)に存在する鍾乳洞 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

龍河洞(りゅうがどう)は、四国中部(高知県東部の香美市)に存在する鍾乳洞

龍河洞(りゅうがどう)は、四国中部(高知県東部の香美市)に存在する鍾乳洞である。日本三大鍾乳洞の1つに数えられる。1934年に日本政府によって、国の天然記念物および国の史跡に指定された。2007年には日本の地質百選に選定されている。

洞窟入口(東本洞)と龍王神社。

スポンサーリンク

概要

鍾乳洞の総延長約4キロメートルのうち、約1キロメートルが通常ルートとなっている。このほかに、冒険コース(見学の際には前日までに要予約)がある。珍鳥センターと龍河洞博物館が併設されている。

洞内より数十点の弥生土器、炉跡、木炭および獣骨などを発見しており、弥生時代にあって洞内に居住した痕跡がのこるとして天然記念物指定と同時に国の史跡にも指定された。

特に洞内において弥生式土器が鍾乳石と一体化したものが見られ、「神の壷」と命名され龍河洞のシンボリックな存在になっている。その隣には1937年に実験のため置かれた壷があり、こちらも鍾乳石と一体化している。

ソース画像を表示

観光と探検と学術価値3拍子揃った神秘の宮殿 龍河洞

日本の代表的観光鍾乳洞で、幻想的で神秘的な世界を体感できる。
洞内出口付近に弥生時代の穴居生活の跡があり、特に石灰華に包まれた弥生式土器は世界的にも珍しい。
また、最近開放中の冒険コースは狭い道を這って進んだり、丸木の梯子を登ったり等、真っ暗闇への体験ができる。(事前の予約が必要)

ソース画像を表示

付帯施設

  • 龍河洞博物館
  • 珍鳥センター – オナガドリをはじめとする特殊鶏を飼育・展示する。
  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

所在地・交通アクセス

  • 所在地 – 〒782-0005 高知県香美市土佐山田町
  • 交通アクセス
    • JR土讃線土佐山田駅からとさでん交通バス「龍河洞」行きで20分、「龍河洞」下車、徒歩直ぐ。2020年10月1日現在、土佐山田駅と「龍河洞」を結ぶ直通バスが1日5往復運行されている。利用する場合のダイヤは、とさでん交通に要確認のこと。タクシー利用の場合の目安は、片道15~20分、約2000円。高知自動車道南国ICより約25分。
ソース画像を表示

コメント