鳥取砂丘は、鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる広大な砂礫地 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

鳥取砂丘(とっとりさきゅう)

鳥取砂丘(とっとりさきゅう)は、鳥取県鳥取市日本海海岸に広がる広大な砂礫地で、代表的な海岸砂丘である。山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されており、南北2.4km, 東西16kmに広がる。観光可能な砂丘としては日本最大で、一般に立ち入れない場所も含めると青森県下北郡東通村猿ヶ森砂丘に次ぐ規模を誇る。1955年(昭和30年)に国の天然記念物に、2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。伯耆大山と並んで鳥取県のシンボルの一つとされている。

日本三大砂丘の1つだが、その他の2つについては諸説がある。

馬の背

スポンサーリンク

砂丘の状況

中国山地花崗岩質の岩石風化し、千代川によって日本海へ流されたあと、海岸に集まったものが砂丘の主なとなっている。海中の砂を海岸に向けて流れ寄せる潮流と、海岸線に堆積した砂を内陸へ吹き込む卓越風の働きで形成された。

砂丘自体は鳥取市福部町岩戸から鳥取市白兎にかけて千代川の東西に広がっているが、通常「鳥取砂丘」というと、千代川の東側の545haの「浜坂砂丘」を指す。砂丘によって海から切り離されて出来た湖である多鯰ヶ池がすぐ南東にある。

最大高低差は90mにもなり、すり鉢に似た形に大きく窪んだ「すりばち」と呼ばれる地形が作られており、特に大きなすりばち(「大すりばち」などと呼ばれる)は40mの高さになる。すりばちの斜面には、流れるように砂が崩れ落ちた形が簾を連想させる砂簾(されん)などの模様や、風速5 – 6m程度の風によって形作られる風紋(ふうもん)と呼ばれる筋状の模様が見られる。地表は常に乾燥している訳ではなく、すりばちの最深部には「オアシス」と呼ばれる地下水が湧出している場所があり、浅い池を形作る時期もある。2017年は大雪による融雪水が多く、馬の背と呼ばれる砂丘に近いオアシスは約5430平方m、水深1.4mと例年より大きくなった[2]

鳥取砂丘には、3本の砂丘列が日本海とほぼ平行に走っている。天然記念物に指定される前までは、陸側の砂丘列から数えて、第一、第二、第三砂丘列と呼称していた。現在では逆に海側から、第一、第二、第三としている。これには、砂移動の減少が原因で陸側の砂丘列が消滅してしまった場合でも呼称に都合が良いよう、という理由がある。

第二砂丘列(馬の背)。奥が海側

砂丘の利用と周辺住民とのかかわり

江戸時代に入ると、人間の側から砂丘に手を加えるようになっていく。1897年(明治29年)から陸軍歩兵第四十連隊の演習地として利用され、第二次世界大戦後までほとんど自然のまま放置されていた。1927年(昭和2年)の地元新聞(因伯時報)のアンケート結果によれば、鳥取砂丘は鳥取県八景に洩れており10位にも入っておらず、不毛の厄介者として扱われていたようである。戦後のある鳥取市長は砂丘について「木も生えないようなところは鳥取の恥部である」と述べている。戦後の食糧不足で、1953年(昭和28)に海岸砂地地帯農業振興臨時措置法が制定され、全国的に砂防造林が本格化し、砂丘開発が大規模に行われるようになった。

砂丘近辺の民家は砂丘から飛んでくる砂の害に悩まされていたため、防風林の植林が行われたが、これが観光資源かつ貴重な自然である砂丘の規模縮小や生態系の変化の原因となったため、防風林の面積を減らしながら地元住民との共生を図っている。もともとの砂丘の規模は防風林の植林以前よりは小さく、周辺には樹木が多く生えていたが、タタラ製鉄の燃料のためこれらを伐採した結果、砂丘が人為的に広がったという経緯がある。2000年代以降、夏季には猛暑の年が多く、その影響で防風林の立ち枯れが進んでおり、砂丘南側の道路が砂で埋まるなど、砂丘の砂の飛散に悩まされることが多くなっている。鳥取県では対策としてクロマツの植林に乗り出しているものの、成長が遅いため、対策が追い付いていない。

鳥取砂丘の周辺には「鳥取砂丘こどもの国」などの施設がある。観光地としての鳥取砂丘の入り口とされている場所には、レストハウスや土産物店が並んでいるほか、入口近辺では観光の一環としてラクダが飼育されている。

近隣の小・中・高等学校の遠足の場や、広くハンググライダーパラグライダーなどスカイスポーツの場としても利用されている。また砂丘の傾斜を利用し、全日本サンドボード選手権大会が行われている。夏の夜には海岸にイカ釣り船の漁火(いさりび)が見え、これも風物詩となっている。鳥取砂丘近隣の砂丘畑で栽培される白ねぎらっきょう長いもは特産品である。また、テレビドラマやテレビCMなどで日本国外の砂漠を想定したシーンの撮影で費用節約のために鳥取砂丘が使われることもある。

砂丘センターから望む

手前鳥取海水浴場と駟馳山を望む

観光用のラクダ

冬の砂丘

祭事・催事

  • 鳥取砂丘光のアートフェア – 10月末から翌年1月にかけて開催される光の祭典(イルミネーションなど)[11]。当初計画されていた7000mの光のツリーは専門家から生態系や景観への影響の指摘を受けて取りやめとなった。
  • 砂の美術館 – 砂像彫刻を専門に展示する世界で初めての美術館。毎年テーマを変えて開催される。
  • 鳥取大砂丘全日本サンドボード選手権大会 – 鳥取砂丘で行われるサンドボードの全日本大会、体験試乗会。

文学碑

砂丘近隣に有島武郎(浜坂の遠き砂丘のなかのしてさびしきわれを見出でつるかも)、枝野登代秋(砂丘をいくつか越えしが波音のまぢかにきこえて海まだ見えず)、高浜虚子(秋風や浜坂砂丘少しゆく)、森川暁水(月荒き砂丘は古邑うづむとや)、与謝野晶子(砂丘とは浮かべるものにあらずして踏めば鳴るかなさびしき音に)などの歌碑句碑が点在する。

北島三郎の曲「港春秋」の歌碑もある。また、演歌歌手水森かおりの曲「鳥取砂丘」は大ヒットにより注目を集め、ご当地ソングの走りとなった。

「鳥取砂丘」(フルコーラス)水森かおり【HD 高画質】

交通アクセス

いずれもJR西日本鳥取駅から。

  • 日本交通日ノ丸バス「鳥取砂丘(砂丘会館)」行きに乗り、終点で下車。所要時間22分で、運賃は370円。30 – 70分間隔で運行。
  • 日本交通(岩美・岩井線)「長谷橋」行きまたは「蕪島」行きに乗り、「砂丘東口」下車。所要時間20分。1時間に1便以上あるが、土休日とお盆・正月は減便される。
  • 湯めぐりエクスプレス「湯村温泉」行きに乗り、「砂丘センター」下車。所要時間は最短24分だが、ほとんどの便は鳥取空港を経由するため45分を要する。1日数便のみで、砂丘を経由しない便もある。
  • 土曜・休日(元旦除く)及び夏休み期間はループ麒麟獅子バスも利用できる。運賃は300円。40 – 50分間隔で運行。

コメント