豊楽寺(ぶらくじ)は高知県長岡郡大豊町にある真言宗智山派の仏教寺院 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

豊楽寺(ぶらくじ)は高知県長岡郡大豊町にある真言宗智山派の仏教寺院

豊楽寺(ぶらくじ)は高知県長岡郡大豊町にある真言宗智山派仏教寺院。山号は大田山。大田山大願院豊楽寺と号する。本尊は薬師如来。別名は柴折薬師で、日本三大薬師の一つに数えられる。薬師堂は国宝に指定されている。

Burakuji 03.JPG

豊楽寺 薬師堂(国宝)

スポンサーリンク

歴史

724年神亀元年)、吉野川北岸の険しい丘に聖武天皇の勅願所として行基が開創したと伝わる。寺号は聖武天皇が薬師本願経説の一節「資求足身心安」より名付けたとされる。

伽藍

  • 薬師堂
  • 瑠璃光殿
  • 大師堂
  • 庫裏

文化財

国宝

  • 薬師堂12世紀頃(平安時代末期 – 鎌倉時代初期)建立の四国最古の建造物。入母屋造り、柿葺き、単層、桁行(正面)5間、梁間(側面)5間(「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を表す)。内陣に如来像3体を安置。1952年に国宝指定。堂正面は中央3間を観音開きの板扉、両端間は連子窓に横板壁とする。側面は前端間を板扉とするほか横板壁、背面はすべて横板壁である。組物は舟肘木、垂木は疎垂木で全体に簡素な構えとする。堂内安置の薬師如来像の胎内に仁平元年(1151年)の年記とともに「五間四面薬堂造立」云々の記があり(「薬堂」は薬師堂の意)、これが薬師堂の建立時期を指すとも考えられる。建築史家の太田博太郎は、本建物の内陣(方3間)が、建物の中心ではなく後方寄りに設けられていること、内陣の柱と側柱(建物外周の柱)の柱筋が食い違っていることなどから、本建物の建立時期は平安時代までは上がらず、鎌倉時代初期とみている。いずれにしても、四国における現存最古級の建築である。

重要文化財(国指定)

  • 木造薬師如来坐像 – 像高131.5cm。、薬師堂内陣中央に安置、平安時代後期
  • 木造薬師如来及び両脇侍像・二天王立像 – 中尊薬師如来坐像の像高133.5cm、薬師堂内陣向かって右に安置、平安時代後期。寺伝では釈迦如来像であるが、像内の銘文から、元来は薬師如来像として仁平元年(1151年)に作られたものであり、この像が本来の薬師堂本尊であったことがわかる。両脇侍像と二天王像は2010年に追加指定された。
  • 木造阿弥陀如来坐像 – 像高131.5cm、薬師堂内陣向かって左に安置、平安時代後期

薬師堂

拝観情報

  • 開門時間 – 9~16時
  • 交通アクセス – 土讃線 大田口駅 徒歩30分
  • 所在地 – 〒789-0234 高知県長岡郡大豊町寺内314

周辺情報

コメント