石見銀山は、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。上述の最盛期に日本は世界の銀の約3分の1を産出したとも推定されるが、当銀山産出の銀がそのかなりの部分を占めたとされる。大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)とも呼ばれた。明治期以降は枯渇した銀に代わり、などが採鉱された。本項では石見銀山の概要と歴史、および2007年に登録された世界遺産としての石見銀山についても言及する。

清水谷精錬所跡

清水谷精錬所跡

スポンサーリンク

概要

鉱脈は石見国東部、現在の島根県大田市大森の地を中心とし、同市仁摩町温泉津町にも広がっていた。日本を代表する鉱山遺跡として1969年昭和44年)に国によって史跡に指定。2007年平成19年)6月28日ニュージーランドクライストチャーチで開催されていた第31回世界遺産委員会ユネスコ世界遺産(文化遺産)への登録が決まり、7月2日に正式登録された。一般に銀山開発においては銀の精錬のため大量の薪炭用木材が必要とされたが、石見銀山では適切な森林の管理がなされたことにより環境への負荷の少ない開発がなされ、今日に至るまで銀山一帯には広葉樹などを含む森林が残されてきている点が特に評価されている(後述の「登録までの経緯」の節参照)。2007年には日本の地質百選にも選定されている。

初期には仙ノ山(別名:銀峰山)山頂付近で銀鉱石の露頭の採掘が行われた。石見銀山では銀鉱石は福石(ふくいし)と呼ばれた。開発が進行するにつれ鉱脈に沿って地下深くに採掘が進んだが、江戸期の採掘で良質な銀鉱石は枯渇し後年には黄銅鉱黄鉄鉱方鉛鉱など鉱石を主体とする永久鉱床(えいきゅうこうしょう)の採掘に移行した。

歴史

石見銀山の発見

石見銀山の発見について『石見銀山旧記』は鎌倉時代末期の1309年延慶2年)に周防の大内弘幸が石見に来訪して北斗妙見大菩薩北極星)の託宣によりを発見したという伝説について記しており、この頃からある程度の露天掘りがなされていたと考えられている。

その後、大内氏が一時的に採掘を中断していた石見銀山を再発見し、本格的に開発したのは博多の大商人、神谷寿貞(博多三傑・神屋宗湛の曽祖父。姓については神屋、名については寿禎・寿亭とも表記される)であるとされている。海上から山が光るのを見た神屋は、領主・大内義興の支援と出雲国田儀村の銅山主・三島清右衛門の協力を得て、1527年大永6年)3月、銀峯山の中腹で地下の銀を掘り出した。

義興の死後、大内義隆九州経営に気を取られている間、1530年享禄3年)に地方領主・小笠原長隆が銀山を奪ったが、3年後に再び大内氏が奪回した。大内氏は山吹城を構えて銀山守護の拠点とした。

1533年天文2年)8月、神谷寿貞は博多から宗丹と桂寿を招き海外渡来の銀精錬技術である灰吹法により精錬された。この技術でより効率的に銀を得られるようになり、全国の鉱山に伝えられ、日本における銀産出に大きな貢献をすることになる。灰吹法確立以前は、鞆ヶ浦仁摩町馬路)・沖泊温泉津町)から鉱石のまま積み出され博多湊などで取引された。灰吹法が広まることにより、酸化鉛の粉塵を吸い込んだ作業員は急性または慢性の鉛中毒を発症した。鉱山での劣悪な環境も相まって、当時の鉱夫は短命であり、30歳まで生きられた鉱夫は尾頭付きの赤飯で長寿の祝いをしたほどであった。大森地内には若くして死んだ鉱夫たちの慰霊を目的として各宗派の寺院が多数建てられ、鉱夫たちの家族構成はその多くが独身もしくは夫婦のみであったと伝えられている。

龍源寺間歩(入口)

大久保間歩の内部

石見銀山の坑道

「間歩」の広がり

2015年現在、銀山採掘のために掘られた「間歩」(まぶ)と呼ばれる坑道や水抜き坑が700余り確認されている。主な坑道としては、釜屋間歩、龍源寺間歩、大久保間歩、永久坑道などが挙げられる。大久保間歩は、江戸時代から明治時代にかけて開発され、大久保長安が槍を持って馬に乗ったまま入れたとされる[30]。大久保間歩の下方に位置する金生坑は、明治時代に作られた水抜き坑道であり、大久保間歩内部より金生坑に通じる階段を見ることが出来る。大久保間歩は、坑道周囲に住む住民の通路としても使用され山を抜けて反対側の学校に通学する子供たちの通学路ともなった。大久保間歩は江戸時代は手掘りであったが、後にドリルによって坑道が拡大され、木製軌道が敷かれてトロッコを用いて鉱石の搬出が行われた。釜屋間歩は大久保間歩の更に上側に位置する坑道で、安原伝兵衛によって開発されたとされる。周囲には現場で精錬を行った遺跡も発掘されている。これらの坑道は内部で互いに接続しており、最深部は永久坑道の標高400mのところから200m掘った坑道が確認されている。山頂部には露頭を掘った跡や集落の跡が残っており、当時高価だった海外製の陶器の破片などが発掘されている。坑道から搬出された鉱石のうち、不要な石(ズリ)は、周辺の谷を埋め平地を作るのに使用された。電灯が導入されるまでは、サザエの殻に、菜種油を満たした灯り、「らとう」が長く使用されていた。このサザエの殻を使用した灯りは、大田市のマスコットキャラクター、らとちゃんのデザインにも用いられている。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

釜屋間歩

坑道の観光

石見銀山資料館から徒歩圏内の龍源寺間歩は、通年で一般公開され内部を見学できる。2008年より、大久保間歩の内部も一般公開されたが、ツアー形式で週末のみ限定公開となっている。大久保間歩の見学ツアーは予約が必要だが、空いて入れば予約なしでも参加可能である。冬季はコウモリの越冬のために開催されていない。見学ツアーは、石見銀山世界遺産センターよりバスで10分ほど移動し、その後しばらく山中を徒歩で登る形式で開催されており、釜屋間歩や金生坑の坑道口なども見学できる。

大久保間歩入口

世界遺産

市・県・国による文化財指定と保護

石見銀山にある歴史的な建造物や遺構は市・県・国などによって文化財に指定・選定され保護されてきた。1967年(昭和42年)に石見銀山は島根県から「大森銀山遺跡」として県指定史跡に指定され、さらに1969年(昭和44年)には国から「石見銀山遺跡」として史跡に指定された。さらに、大森銀山地区の町並みは1987年(昭和62年)に重要伝統的建造物群保存地区(種別 鉱山町)として選定され、銀の積出港であった温泉津地区の町並みは港町・温泉町として2004年(平成16年)に重要伝統的建造物群保存地区(種別 港町・鉱山町)として選定された。また、大森銀山伝統的建造物群保存地区は2007年に、温泉津伝統的建造物群保存地区は2009年に、それぞれ選定区域を拡大している。

登録対象

和名は島根県教育庁文化財課世界遺産室による公式サイトの表記、英語表記と数字はユネスコ世界遺産センターによる世界遺産登録物件名と世界遺産登録ID。

銀鉱山跡と鉱山町

銀山柵内・下河原吹屋跡大森銀山伝統的重要建造物群保存地区熊谷家住宅羅漢寺羅漢寺五百羅漢

街道(石見銀山街道)

港と港町

その他周辺

登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

石見銀山世界遺産センター

交通

コメント