東平安名岬は、沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する岬 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

東平安名岬は、沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する岬

東平安名岬(ひがしへんなざき)は、沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する。北緯24度43分7秒、東経125度28分9秒。宮古島の南東端で、同島を代表する観光地。東平安名とも書く。

主に沖縄方言で東のことを「あがり(太陽が上がる)」と呼ぶことから、「あがりへんなざき」とも読む。また、宮古方言では「あがりぴゃうなざき」と呼ばれている。

東平安名岬

スポンサーリンク

概要

宮古島の南東端から南東方向に突き出た、長さ約2キロメートル、幅最大160メートル、標高約20メートルの細長い半島で、隆起サンゴ礁石灰岩から成り立つ。

半島上は平坦だが海岸は断崖で、強風が吹き寄せている。このため、テンノウメイソマツを中心とした風衝地特有の植物群落が成り立っており、1980年(昭和55年)に「東平安名崎の隆起珊瑚礁海岸風衝植物群落」として沖縄県の天然記念物に指定されている。1979年の調査によれば、東平安名岬には65科222種の高等植物が生育している。また、4月から5月にかけてはテッポウユリが岬一帯で咲き乱れ、観光名物となっている。

岬の先端に平安名埼灯台海抜43メートル、光達18海里1967年(昭和42年)初点灯)が設置されている。この灯台は参観灯台で、内部を見学し、上に登ることができる。灯台の上からだと周囲320度が海なので水平線が丸く見える。このように眺望が良いため初日の出の名所でもあり、日本の都市公園100選にも選定されている。

2007年(平成19年)2月6日に「東平安名崎」として国の名勝に指定された。2011年(平成23年)にはパナリ岩礁を含む周辺海域が名勝に追加指定され、2014年(平成26年)には灯台の敷地が追加指定された。なお、ガイドブックなどでは日本百景のひとつとして紹介されていることもあるが、実際には日本百景には選定されていない。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

灯台の近くに、妻子ある男との恋に破れこの岬から身を投げたという伝説で知られる絶世の美女マムヤの墓(岩陰墓)があり、岬の北西側に保良漁港がある。

平安名埼灯台

先端の平安名埼灯台から東平安名岬を見返す

マムヤの墓

交通

コメント