大山(だいせん)は、日本の鳥取県にある標高1,729mの山 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

大山(だいせん)は、日本の鳥取県にある標高1,729mの山

大山(だいせん)は、日本鳥取県にある標高1,729mの成層火山であるが、活火山としては扱われていない。鳥取県および中国地方の最高峰でもある。角盤山(かくばんざん)とも呼ばれるほか、鳥取県西部の旧国名伯耆国であったことから伯耆大山(ほうきだいせん)、あるいはその山容から郷土富士として伯耆富士出雲富士とも呼ばれる。日本百名山日本百景にも選定され、鳥取県のシンボルの一つとされている。

Mt Daisen Full View.jpg

大山を西から望む

スポンサーリンク

概要

大山は中国山地の連なりからやや北に離れた位置にある独立峰の火山で、その裾野は日本海に達しており主峰の剣ヶ峰や三鈷峰烏ヶ山船上山などの峰を持つ。山体は東西約35km、南北約30km、総体積約120km3。日本列島におけるデイサイト質火山の中でも最大級の規模である。

広義には南東側に連なる擬宝珠山蒜山(上蒜山、中蒜山、下蒜山)・皆ヶ山などの蒜山火山群も大山火山の一部とされることが多いが、活動場の変遷からみて蒜山火山群を大山火山と区別する場合もある。

最高点は剣ヶ峰であるが、剣ヶ峰に至る縦走路が通行禁止とされていることや古くから第二峰の弥山(みせん 1,709m)で祭事が行われたことから、一般には弥山を頂上としている。

一帯は大山隠岐国立公園に指定されており、標高800mから1,300mは西日本最大のブナ林に覆われ、その上部には亜高山針葉樹林帯がなく低木林や草原の高山帯になっている。山頂付近に見られるダイセンキャラボクの純林は国の特別天然記念物に指定されている。また、国の鳥獣保護区(大規模生息地)に指定されている(面積5,156ha、うち特別保護地区2,266ha)。

周辺の地域では古来からの大山信仰が根強い。現存する最古の記述は『出雲国風土記』の国引き神話で、三瓶山と同様に縄を引っ掛けて島根半島を引き寄せたとある。『出雲国風土記』では「火神岳」(ほのかみだけ)または「大神岳(おおかみのたけ)」と呼ばれ、奈良時代養老年間に山岳信仰の山として開かれたとされる。北西の山腹には大神山神社奥宮や大山寺阿弥陀堂があり、明治廃仏毀釈まで大山寺の寺領とされ、一般人の登山は禁止されていた。

ソース画像を表示

大山は1000種を越える昆虫のほか、日本に生息する野鳥のうちその3分の1強が生息するといわれています。800m~1300mのエリアには日本でも屈指の規模を誇るブナの森があり、1400m付近へと上がると特別天然記念物にも指定されるダイセンキャラボク純林を望むことができます。

火山活動史

約100万年前から40万年前に活動した蒜山火山群および古期大山と新期大山に大別される。約35万年以降に20回のプリニー式噴火があり、最新の活動は約2万800年前(三鈷峰溶岩ドームおよび阿弥陀川火砕流堆積物)と考えられている。

弥山溶岩ドーム(左) 烏ヶ山溶岩ドーム(右)

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

気候

日本海側気候豪雪地帯であり、標高800m台の大山アメダスでも年降雪量は10mにも達する。

登山

登山コースは複数あり、北側斜面を登る「夏山登山コース」と「ユートピアコース」が地元自治体により一般に紹介されている。夏山登山コースは佐陀川の源流となっている行者谷の西側尾根を登り、弥山に至るルートで初心者向きとされている。ユートピアルートは行者谷の東側尾根を経て、標高1,516mの三鈷峰付近にあるユートピア避難小屋に至るルートで、上級者向けとされている。弥山から三等三角点地点(1,709.3m)や剣ヶ峰、天狗ヶ峰(1,710m)を経てユートピア避難小屋に至る旧縦走路は、稜線が両サイドとも崩落しており通行が禁止されている。これは特に2000年に発生した鳥取県西部地震以降、山肌の崩落が激しくなって危険なためであり、死傷事故も発生している。

これらの登山口まではJR米子駅やJR大山口駅から大山寺行きのバスが定期運行されている。また、自家用車で登山口付近まで行く場合、鳥取県立大山自然歴史館の近くに駐車場があり、米子自動車道溝口インターチェンジから鳥取県道45号を経由しておよそ10kmである。

最高峰の剣ヶ峰

夏山登山道の最高峰、弥山にある大山頂上避難小屋

コメント