古岩屋は、愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬にある岩峰が連なる名所 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

古岩屋(ふるいわや)は、愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬にある岩峰が連なる名所

古岩屋(ふるいわや)は、愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬にある岩峰が連なる名所である。国の名勝に指定されている。四国カルスト県立自然公園に属する。

古岩屋の岩峰

スポンサーリンク

概要

直瀬川の両岸に高さ60mから100mの円錐状の峰が20余り連なっている。結晶片岩を基盤とした第三期礫岩峰である。水の浸食作用によって岩が剥き出しとなり、無数の穴が空いている。この穴から”古岩屋”と呼称されるようになった。直瀬川の川岸にはサクラカエデが生え、岩肌にはセッコクイワヒバなどが自生しており、新緑や紅葉が楽しめる。また、岩肌の穴は外敵を防ぐのに適しているため、ウグイスシジュウカラヤマガラメジロキジなど野鳥の巣が多く見られる。岩窟にはコウモリの姿も見られる。

昭和19年(1944年)11月7日、国の名勝に指定された。また、昭和39年(1964年)には四国カルスト県立自然公園の一部となった。

久万高原町から愛媛県道12号西条久万線を東へ行くと国民宿舎古岩屋荘があり、その周辺が古岩屋である。古岩屋荘の前には、杖立て地蔵尊の祠があり、古岩屋荘のすぐ北の道路を西に入っていくと不動堂とその背後の甌穴に不動明王が立つ。

  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示
ソース画像を表示
ソース画像を表示

不動明王

ソース画像を表示

コメント