出雲大社(いずもおおやしろ)は、島根県出雲市大社町杵築東にある神社 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

出雲大社(いずもおおやしろ、正仮名遣いでは「いづもおほやしろ」/ いずもたいしゃ)は、島根県出雲市大社町杵築東にある神社

出雲大社(いずもおおやしろ、正仮名遣いでは「いづもおほやしろ」/ いずもたいしゃ)は、島根県出雲市大社町杵築東にある神社祭神大国主大神式内社名神大)、出雲国一宮で旧社格は官幣大社。神社本庁別表神社宗教法人出雲大社教の宗祠。

二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。明治維新に伴う近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。

Haiden of Izumo-taisha-1.JPG

出雲大社 拝殿

スポンサーリンク

名称

古代より杵築大社(きずきたいしゃ、きずきのおおやしろ)と呼ばれていたが、1871年明治4年)に出雲大社と改称した。正式名称は出雲大社サイトには「いづもおおやしろ」、出雲大社東京分祠サイトには「いずもおおやしろ」とある(前者は新旧仮名遣いが混在、後者は新仮名遣い)。


一般的には「いづもたいしゃ」と読まれており、複数の辞書・事典でも見出しの読みを「いずもたいしゃ」としている。島根県大百科事典編集委員会『島根県大百科事典』では出雲大社の項目は正式名称の「いずもおおやしろ」として掲載する一方、出雲大社本殿(いずもたいしゃほんでん)など登録文化財の項目については登録名に従った読みで掲載している。

古文書に見える社名は次のとおり。

  • 天日隅宮(『日本書紀』)
  • 杵築宮(『釈日本記』)
  • 出雲宮(『八雲御抄』)
  • 厳神之宮(『日本書紀』)
  • 出雲大神宮(『日本書紀』)
  • 杵築大神宮(『和漢三才図会』)
  • 所造天下大神宮(『出雲国風土記』)
  • 大社杵築大神宮(『国花万葉記』)
  • 杵築大社(『延喜式』)
  • 出雲国大社(『享保集成総論』)
  • 日本大社(真言宗正林寺蔵版木)
  • 天日栖宮(『出雲国風土記』)
  • 出雲石(石同)之曽宮(『古事記』)。

歴史

出雲大社はいわゆる国譲りの事情のもとで創建された。867年(貞観9年)には正二位に叙せられ熊野大社とは別に出雲国一宮と称せられるようになった。中世には12郷7浦を領したが、豊臣秀吉により減じられ5郷2浦となった。1871年(明治4年)に官幣大社に列格の後、大正時代勅祭社となった。

祭神

大国主大神

祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。ただし『出雲国風土記』ではこの名ではなく大穴持命または所造天下大神大穴持命となっている。

1142年康治元年)在庁官人解状に「天下無双之大廈、国中第一之霊神」と記された。神在月(神無月)には全国から八百万の神々が集まり神議が行われる(神在祭 旧暦10月11日 – 17日)。出雲へ行かず村や家に留まる田の神・家の神的な性格を持つ留守神(荒神等)も存在しているので、全ての神が出雲に出向くわけではない。

そのような神集への信仰から、江戸時代以降は文学にも出雲の縁結びの神様として現れるほどに、全国的な信仰を集めるようになった。

出雲大社注連縄

神楽殿 – 拝殿の西側、荒垣外に位置する神楽殿(かぐらでん)は1879年(明治12年)の出雲大社教創始の際に、本殿とは別に大国主大神を祀ったことに由来する。正面破風下に張られた長さ13m、周囲9m、重さ5t大注連縄は日本トップクラスである。神楽殿では婚礼なども執り行われている。

本殿(国宝)

文化財

国宝

  • 出雲大社本殿(附 内殿1基、棟礼1枚)(建造物) – 江戸時代、1744年(延享元年)の造営。1900年(明治33年)4月7日に国の重要文化財(当時の特別保護建造物)に指定。1952年(昭和27年)3月29日に文化財保護法に基づく国宝に指定。
  • 秋野鹿蒔絵手箱 1合(工芸品) – 鎌倉時代初期の作。1952年(昭和27年)3月29日指定。

社殿群を北東より望む。高い建物は本殿。手前の切妻造社殿は向かって左が摂社神魂伊能知比売神社本殿、右が摂社大神大后神社本殿

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

重要文化財(国指定)

  • 出雲大社 21棟1基(建造物) – 2004年(平成16年)7月6日指定。次の社殿21棟および鳥居1基を一括指定。
    • 楼門
    • 神饌所 2棟
    • 玉垣
    • 摂社大神大后(おおかみおおきさき)神社本殿
    • 摂社神魂御子(かみむすびみこ)神社本殿
    • 摂社神魂伊能知比売(かみむすびいのちひめ)神社本殿
    • 摂社門神社本殿 2棟
    • 八足門(やつあしもん) – 蛙股の「瑞獣」や流麗な「流水文」などの彫刻は左甚五郎の作と伝えられる。
    • 観祭楼及び廻廊
    • 西廻廊
    • 瑞垣
    • 摂社素鵞(そが)社本殿
    • 摂社氏社本殿 2棟
    • 末社釜社本殿
    • 末社十九社本殿 2棟
    • 宝庫
    • 会所
    • 銅鳥居 –1666年寛文6年)の長州藩第3代藩主毛利綱広の寄進。
  • 赤絲威肩白・大袖付)(工芸品) – 室町時代、応仁文明頃の作。1953年(昭和28年)3月31日指定。
  • 太刀 銘光忠(附 糸巻太刀拵) – 鎌倉時代中期の作、豊臣秀頼の寄進。1909年(明治42年)9月21日指定。
  • 紙本墨書後醍醐天皇宸翰宝剣代綸旨(三月十七日)(古文書) – 鎌倉時代、1333年(元弘3年)か。1935年(昭和10年)4月30日指定。
  • 紙本墨書後醍醐天皇王道再興綸旨(元弘三年三月十四日)(古文書) – 鎌倉時代、1333年(元弘3年)。1935年(昭和10年)4月30日指定。
  • 紙本墨書宝治二年遷宮儀式注進状(建長元年六月)(古文書) – 鎌倉時代、1249年(宝治2年)。1935年(昭和10年)4月30日指定。
  • 銅戈1口、硬玉勾玉1顆 神魂伊能知奴志神社境内出土(考古資料) – 弥生時代。1953年(昭和28年)2月14日指定。
  • 島根県出雲大社境内遺跡(旧本殿跡)出土品(柱根6点、礎板1点、鉄製品38点(手斧、釘、など)、土器25点)(考古資料) – 2010年(平成22年)6月29日指定。

交通

  • 最寄駅:一畑電車大社線出雲大社前駅
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)出雲市駅から一畑バス出雲大社連絡所行または日御碕行2017年(平成29年)4月時点で最寄りの停留所には正門南側にある「正門前」(JR出雲市駅からの運賃は大人500円)とその一つ先の神楽殿西側にある「出雲大社連絡所」(JR出雲市駅からの運賃は大人520円)がある。標準所要時間はゆめタウン出雲前経由便がJR出雲市駅から出雲大社連絡所バス停まで約36分、イオンモール出雲前経由便が約27分。島根ワイナリー経由便を除く全ての便が大鳥居の下をバスが通過する。
  • 一畑電車・電鉄出雲市駅から出雲大社前駅まで川跡駅乗換で24分(運賃は大人490円)。休日は一部直通便もあり。
  • 2012年(平成24年)4月1日から、一畑バスと中国JRバスの運行する夜行高速バス「スサノオ号」が東京駅、渋谷から出雲大社までの運行を開始した。
  • かつては徒歩15分の位置にJR大社駅が存在していたが、1990年(平成2年)のJR大社線廃止により廃駅となった。(ただし、ホームや駅の掲示など全て当時のまま残されている)

本殿

拝殿

大鳥居

所在地島根県出雲市大社町杵築東195
位置北緯35度24分07.4秒
東経132度41分07.6秒
座標
主祭神大国主大神
社格式内社名神大
出雲国一宮
官幣大社
勅祭社
別表神社
創建神代とされる
本殿の様式大社造
別名杵築大社
札所等出雲國神仏霊場1番
例祭5月14日 – 16日
主な神事神在祭など

コメント